株式会社エルトップ

kersey(カルゼ)
Column

ロアジールの富士吉田

vol.4
「おいらにまかせろ」

ベンベルグの仕上(整理加工)

Photo

「そろそろ畑でも耕してくっかな。」
大型耕運機のエンジン始動。
帽子を後ろ向きにかぶって、
「おいらの畑は日本一!」。
今日もやる気満々です。

Photo

しかしこの機械は、
耕運機ではなく、
織り上がった生地の最終仕上げ、
整理加工をする機械です。
入口はこのようになっています。

Photo

長い時間を掛けて、
機械の中を通ってくると、
出口はこのようになっています。
幅もピッタリ。ソフトに仕上がっています。

Photo

このプラントのような後ろに見える機械も全て、
織物加工用の機械です。
織物の検査をしています。
農作業と織物仕上なら
「おいらにまかせろ!」と自信たっぷり。
お蔭で今日もいい織物が仕上がっています。
次回は是非、畑の成果も見せていただきたいと思います。

こちらの自信たっぷりな男性は
株式会社富士セイセン
生産部加工課 テンター担当 常盤一喜さんでした。

Photo

vol.4 ベンベルグの仕上(整理加工)
「おいらにまかせろ」

株式会社富士セイセン  常盤 一喜

織機で織られた生地は「生機(きばた)」と呼ばれ、文字通り生(き)の、ごわごわとした状態です。
整理加工場では、生機の品質や特性に合わせた最善の方法で洗浄、加工、乾燥、幅調整を行い、風合いを最大限引き出します。
生機から「ベンベルグ(キュプラ)ファブリック」へと磨きをかけるのが、仕上工程の醍醐味です。

Writer:Tatsuji Kobayashi / Kenjiro Sato 
Photo:Kosuke Tamura

Archive

PageTop